スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■小泉集落の湧水群(仮称)■

2014.01.04 (Sat)
小泉1

■小泉集落の湧水群(仮称)■

・名称 : 小泉集落の湧水群(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市小泉
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし
・備考 : 

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

伊吹山の西面は姉川へと一気に落ち込んで深い渓谷を作っています。その懸崖に寄り添うように小泉の集落がありました。

この辺りは地形が急峻な上に石灰層に覆われており、大きな谷も無いことから降雨の大部分が伏流水となって谷底付近で一気に湧き出します。『小泉集落の湧水群』は集落のいたるところから大規模湧水となって溢れ出していました。山際の石垣や何気ない民家の側溝からも噴出しているので全体的な水量は相当なもんでしょう。

小泉3
・集落のいたるとことに湧水が見られます

そして溢れ出した湧水は小川となって姉川へと注ぎます。その途中には『山葵の栽培』も行われていたのですが、滋賀県で現存する山葵畑が見れるとは思っていもいなかったので正直驚きでした。

※集落周辺の山葵は地域の方によって植えられたものですので許可なく採取する事はできません

小泉2
・全体的には凄い湧水量です

とにかく集落の山すそに行けばあちこちから水が湧き出している訳ですから湧水好きには天国のような場所ですね。お味の方は典型的な石灰系湧水でサッパリとした飲み口が印象的です。

小泉4
・パイプを打って水汲みがしやすいようになっている箇所もありました

最近では水汲み人も訪れるようで石垣にパイプが打たれている箇所もあり採水しやすいようになっています。この素晴らしい環境はいつまでも後世に残しておきたいものですね。

地図↓
http://goo.gl/maps/BTbTi


■堂来清水■

2014.01.03 (Fri)
堂来1

■堂来清水■

・名称 : 堂来清水
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県長浜市高山町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 湧水側に駐車スペースあり
・備考 : 平成の水百選 硬度約50mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

姉川の支流、草野川の上流に湧き出す『堂来清水』は その保全環境と水質の良さから2009年に平成の水百選に選出されました。

場所は県道264号を北上した白竜神社の裏手にあって石灰岩の割れ目より勢い良く流れ出しています。また白竜神社の境内にも導水してあり、コップや柄杓が置いてありました。

堂来3
・水場も綺麗で心地よい場所です

地元では古くから知られている名水ですが、平成の水百選に選ばれてからは遠方からの水汲み人も来るようになりました。かく言う私もそんな一人なんですがね。水質や水量も年間を通じて変化が少ないそうで、この地域の水脈の豊かさを物語っています。

堂来2
・立派な案内板

飲み口はさっぱり系ですが硬さは少なく万人受けするタイプでしょう。ご飯の炊き水とかに使うと美味しく炊き上がります。

地図↓
http://goo.gl/maps/FE5XV


■みたらし■

2013.09.02 (Mon)
みたらし1

■みたらし■

・名称 : みたらし
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県長浜市小谷上山田町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 和泉神社付近に駐車可能
・備考 : 和泉神社境内 硬度約50mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

滋賀県の米原市から長浜市にかけては石灰岩が多く、また伊吹山からの伏流水が豊富なため湧水が多い場所なんです。

この『みたらし』も典型的な石灰湧水の一つでしょう。和泉神社側の公園付近に車を止めて境内に入ればそこは荘厳な感じのする別世界、その片隅に湧水がありました。

みたらし2
・和泉神社の境内にみたらしがあります

水量も多く、すこしすくって飲んでみるとサッパリした清涼感が広がります。ウマイですね。湧水としては最高クラスなんですが、湧水口からお水をただける場所まで距離があって、その間は色々な生き物さん達の楽園になってますので、飲用って観点から考えるとすこし微妙な感じがします。

みたらし3
・水量も多くさっぱりとした口あたりですね

でも自然の湧水って本来はそんなもんなんですよね。

地図↓
http://goo.gl/maps/m0lP9


■天皇の水■

2013.07.21 (Sun)
天皇1

■天皇の水■

・名称 : 天皇の水
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県長浜市高月町馬上
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし(数台程度なら路駐可能)
・備考 : 硬度約80mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

滋賀県の米原市から長浜市にかけては石灰岩が多く、また伊吹山からの伏流水が豊富なため湧水が多い場所なんです。

天皇2
・入り口に立派な石碑がある

この『天皇の水』もそんな湧水の一つです。歴史は古くて、「徳川時代の頃、ある人の息子が、原因のわからない病気にかかりました。しかし両親が一生懸命看病をしてもどんどん悪くなるばかり。」

「ある夜、母親が夢枕で「高月町の馬上(まけ)に湧き出ている清水を百日飲ませなさい。」というお告げを聞いたので、両親はすぐお告げの場所を探し、息子に清水を飲ませ続けました。」

「そして百日目、目の前に仙人が現れ、よくぞ百日続けた。神様の御利益あり。と言い残したそうです。すると不思議なことにあれほど重かった息子の病気が日に日によくなったということです。」

その湧き出る場所が「テンオー」と言い、日本の天皇様の名を借りて『天皇の水』と名付けた。こんな言い伝えが残っています。

天皇3
・典型的な石灰岩湧水ですね

湧水は山すその一角、石灰岩の洞穴からコンコンと湧き出ていました。これぞ自然の湧水って感じです。飲み口はミネラル感のあるカチッとした感じで私好みの水なんですが、訪れた当日は湧水口に羽虫の大群がいて、どうやってもタンクの中に虫が入ってしまうんですよね。でもこれも自然が豊かな証拠です。

地図↓
http://goo.gl/maps/rzk41


■針江の生水■

2013.07.07 (Sun)
針江1

■針江の生水■

・名称 : 針江の生水
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県高島市新旭町針江
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : あり
・備考 : 見学には申し込みが必要 平成の水百選

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○○●》高

【名水ノート】

高島町の北部、針江地区は湧水の豊富な街です。この地域には古くから『川端』と呼ばれる自噴井戸が各家庭に引かれていて水との関わりが深いのです。また町内のいたるところに湧水があり用水が街を巡って琵琶湖へと注ぎます。

針江2
・生水はプライベート空間ですから必ず予約してから見学してくださいね

そしてそんな水と人との営みを見学する事が出来ます。ただし川端は各ご家庭のプライベート空間ですから勝手に入ってはいけません。見学には必ず『針江生水の郷委員会』での予約が必要です。

詳しくは『http://www.geocities.jp/syouzu2007/』にて確認してください。

地図↓
http://goo.gl/maps/ckTdn


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。