スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■桃の井■

2013.02.21 (Thu)
桃の井1

■桃の井■

・名称 : 桃の井
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府京都市中京区亀屋町
・採水 : 会員制(年間10000円)
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 硬度41mg/L 堀野記念館内(入館300円)

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

『桃の井』は堺町通二条上ル亀屋町172、堀野記念館内に湧き出します。堀野記念館ではキンシ正宗酒造さんの酒蔵と町家を見学することが出来ます。水量も豊富で現在でも地ビールの仕込み水として利用しているとの事でした。

桃の井2
・桃の井の名水は堀野記念館内に湧き出します

記念館の見学(入館300円)をすれば杯に『桃の井』を汲んで試飲させてもらえます。また桃乃井会の会員登録(年間1万円)をすればいつでも自由にお水を汲む事が出来るので料亭や飲食店など多くの方々が利用しているそうです。

桃の井3
・まろやかで非常にのみやすい、多くの方が会員登録しているのにも頷けます

水質は軟水でお酒の仕込み水と言うだけあって実にまろやかで口当たりの良い水でした。もちろん水質検査にも全て合格していて安全面でも折り紙つき、これなら会員登録してでも水汲みする人が後を絶たないのも納得ですね。

地図↓
http://goo.gl/maps/HcBW8

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/93-ca8e238b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。