スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■頭之水(知恵の水)■

2013.01.29 (Tue)
頭1

■頭之水(知恵の水)■

・名称 : 頭之水(知恵の水)
・タイプ: 湧水
・所在地: 三重県度会郡大紀町大内山
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 頭乃宮四方神社の無料駐車場が利用可能
・備考 : 頭乃宮四方神社境内 硬度約30mg/L

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○●○○○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

頭のよくなる神社って知ってます?。『頭乃宮四方神社』、なんでも「あたまの宮」を冠する神社って全国でここだけなんだそうです。

頭2
・首から上にご利益がある頭乃宮四方神社、女性の参拝者が多い気がした

平安京を造営した桓武天皇の後裔、唐橋中将光盛卿のご神霊を主祭神としてお祀りしているそうなんですが沿革読んでるとけっこう凄いんですよ。以下HPより抜粋↓。

--------------------

「頭之宮」の神社名が示す通り、特に首より上の“あたま”に関する諸祈願に霊験あらたかなお宮として信仰を集めています。また「四方」とは、東西南北の全方向をさし、広大無辺の神徳を現します。

頭之宮四方神社は、奥伊勢県立公園に位置し天然の風致に富んだ唐子川の辺にあります。遠い昔、唐子川の上流、険しい岩がそびえる山の上に、ご祭神・唐橋中将光盛卿は住んでいました。その場所は名前にちなみ「中将倉」と呼ばれています。

唐橋中将光盛卿の亡き後、いつしか時は流れ、ある日の事、唐子川で遊んでいた子ども達が、1つの髑髏(ドクロ)を見つけました。土葬が当たり前だった当時、髑髏は現代ほどには日常から遠いものではありませんでした。無邪気な子ども達は髑髏を川面に浮かべ、恐れもなく遊んでいたのですが、通りがかった老人が「不浄なり」と髑髏を捨てさせてしまいました。

ところが、この髑髏こそ唐橋中将光盛卿だったのです。老人は突如神がかりし、村人にこう話し始めました。「私は唐橋中将光盛である。子ども達と楽しく遊んでいたのに、髑髏を不浄と言って妨げるとは何事か」村人が恐れ見守っている中、老人はこう続けました。「私の髑髏をこの地に祀るならば、万民に幸福を与え、永く守護する」と。村人はこのご神託を恐れ敬い、神託のままに神殿を造営し髑髏をお祀りしました。

その地こそ現在の頭之宮四方神社の鎮座地であります。この由来から当社は、日本で唯一の「頭之宮」と名乗る神社となっています。鎮座の始めは建久二年(1191)と伝えられています。唐子川は今でも清らかに流れ、ホタルが飛び交いカジカが鳴く自然の中で、伝説が息づいています。

--------------------

うーん、流れてきた髑髏を川に浮かべて遊ぶ子供って・・・、普通なら完全に警察沙汰の大騒ぎですよね。でも昔は戦とかもあったし今よりも人の死が身近にあったんですよね。ほんと現代に生まれてよかったです。

そんな頭乃宮四方神社にも名水がありました。『頭之水』、知恵の水とも呼ばれててそのままズバリ、飲めば頭が良くなり無病息災、家内安全、健康長寿と全てに霊験があるそうです。

頭4
・飲めば頭が良くなるそうです。でもなんで蛙?

この地域は石灰が多くて周囲の山を見渡せばそこらじゅうに石灰岩壁が見えます。なので硬度の高い水を想像してたんですが、飲み口は予想外にサラッとしてました。資料でも『硬度約30mg/L』となってるのでやっぱそうなんでしょう。

頭3
・お乳が出るようになると言う乳湧岩の手水舎とお滝さん

社はけっこう辺鄙な場所にあるんですが参拝者が多く、特に若い女性が多かった気がします。こりゃぜったいご利益MAXにあるんでしょう!。大きい無料駐車場があったのにも頷けました。

名水もかなり人気で水汲み人がひっきりなしですが、水量は少なくタイミングによっては待ち時間も覚悟してくださいね。

地図↓
http://goo.gl/maps/qHe3g

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/86-6f009722
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。