スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■居醒の清水(醒ヶ井湧水群)■

2012.09.03 (Mon)
井醒1

■居醒の清水(醒ヶ井湧水群)■

・名称 : 居醒の清水(醒ヶ井湧水群)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市醒ヶ井
・採水 : 可能(採水場なし)
・飲用 : 可能
・備考 : 平成の名水百選

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・採水待ち: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

滋賀県北部の醒ヶ井周辺は関西でも有数の湧水地帯です。鈴鹿山系の北部は石灰地層が多く雨水の多くは伏流してしまいます。その地下水は長い年月を経て麓で湧水となって湧き出します。

『居醒の清水』はその湧水群の中でも横綱格ではないでしょうか。古くは「古事記」や「日本書記」にも登場し、高熱に苦しんだ日本武尊が、この湧水で体を冷やしたところ、熱が醒めたと伝わっています。

井醒4
・湧水は地蔵川となって流れ出します

その湧出量は膨大で湧水だけで一本の川(地蔵川)となって流れ出します。近畿の湧水としては間違いなく最大級のものでしょう。夏期には梅花藻の花が見られることもあって多くの観光客で賑わいます。

井醒2
・梅花藻と地蔵川の清流

採水は可能ですが採水場はありませんのでポリタンク等での採水は難しいと思います。また観光客も多く、車の乗り入れも制限されている場所なので大量の採水は慎むべきでしょう。

飲んでみた感想は「癖がなく美味しい」です。甘い系ではなくどちらかと言うとスッキリ系だと感じました。ミネラル感は適度にありますがそれほど強くないので割り水から炊飯まで何にでも合うんじゃないでしょうか。

井醒3
・『水の宿駅』にある採水場と地元名産の和菓子『六方焼』

因みにJRの駅前に『醒井水の宿駅』って観光施設がありお土産や地元の特産品が買えます。そこに採水場が設けられていますがどの湧水地から導水しているかは判りませんでした。

地図↓
http://goo.gl/maps/oQJHc

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/6-b7d1c0d9
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。