スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■命のみず■

2012.10.19 (Fri)
命1

■命のみず■

・名称 : 命のみず
・タイプ: 湧水
・所在地: 三重県松阪市飯高町森
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 飯高洞窟美術館の無料駐車場を利用
・備考 : 有料 日本有数の硬水 硬度315mg/L

・口当たり: 硬《○●○○○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○●○○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

奥香肌温泉の飯高洞窟美術館内より湧出する『命のみず』は日本一の硬水と呼ばれてますが、いやーほんまに凄い水でしたわ。

国道166号から奥香肌スメール温泉の道標に導かれて進めば『命のみず』の看板が目に付くので迷う事はないでしょう。

中央構造線の外帯、『三波川(みなみがわ)変成帯』に属するこの界隈は石灰岩層が点在するので硬度が高くなる傾向なのは頷けるんですが『硬度315mg/L』とは、この数値はフランスの『エビアン』や『ヴィッテル』よりも更に硬水で、特にカルシウムの含有量が飛び抜けて多いんです。

この水は元々『蓮ダム』の水抜きトンネルより湧き出す水やったそうですが、トンネルの廃用後に売却されて洞窟美術館へと改装されました。最初は大量の湧水に困ってたそうですが調べてみると日本では有数の硬水って事が判明したそうで、今では美術館よりも水を求めて訪れる人が殆なんじゃないでしょうか。

命2
・休日ともなれば多くの水汲み人で賑わう

そんな訳で維持管理の名目から採水は『有料』となってます。それでも休日ともなれば車で溢れかえってるので人気の高さはそうとうなもんでしょう。

料金は総採水量ではなくタンク一個換算で値段が設定されてて正直言うと中々ややこしいです(^^;。2L=50円、5L=125円、10L=200円、20L=300円、23L=350円、となってるから1L当たりの金額換算すると20Lが一番お得って事になりますね。

命3
・特にカルシウムの含有量が凄い

命4
・料金はタンク毎の容量で細かく設定されています

で肝心のお味はと言うと、Caの含有量が多くMgの含有量が少ないのでコクが非常に強く渋みは少ないです。硬水に馴れない人だと最初はちょっと石臭く感じるかもしれません。

命5
・飲めば判るこの水の素晴らしさ!

この水が凄いのはミネラル感を目で見て実感出来る事、なんせポリタンクに長期保存しておくと白い粉末状の結晶が付着するし、煮沸すると水の表面に白い膜が発生します。ですからお茶とかご飯の炊き水には向きません。冷やして飲用水にするのが一番でしょう。

これが自然湧水だったら文句なしにオススメ度最高点なんですが有料の管理湧水って事でこのくらいで。

地図↓
http://goo.gl/maps/FbBvC

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/52-59849ce0
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。