スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■水の保存について■

2012.09.22 (Sat)
柿田1

■水の保存について■

名水や湧水好きにとって水の保存は最大の課題であり最も頭の痛いところです。

ポリタンク採水でどのくらい水の保存が可能なのか?、ネットとかを調べても千差万別で2年持つって人もいれば半日持たないって言う人もいます。

要は個々の衛生面に対する考え方次第のようなな気がしますが、実際のところはどうなのか、どこまでなら飲んでも大丈夫で、どこからがお腹を壊すのか、非常に悩むとこどなんですよね。

行政のホームページとかを見ていると水道水は塩素が入っているので2~3日は大丈夫と書いていますが、天然水は塩素処理をしていないので殺菌と言う点ではどうしても不安になってしまう人も多いでしょう。

夏と冬、季節の違いによっても変わるだろうし、湧水自体の環境にもよるだろうし、採水後の扱いにもよるだろうし・・・、これだけ意見に差があるとどれも根拠があいまいな気がしてこりゃ自分の胃腸に聞いてみるしかないって感じです。

そんな訳で、自分のお腹で聞いてみた結果、真夏に奈良県の『不動水』をペットボトルにて採水、それを1週間常温で置きながら生水で飲み続けましたが全然大丈夫でした(^^。。1週間で水を飲みきってしまったのでそれ以降は判りません(^^;。

最近は10Lポリタンク×4個にて採水して、1タンク毎に『メデタンカプセル』を1個投入しています。

『メデタンカプセル』についてはまた後日に詳しく述べるとして、要はタンクに入れておくだけで細菌類を分解除菌して3年間は水の保存が可能と言う優れものアイテムなんです。

それを導入して奈良県の『下多古の水』を常温で2週間と2日、その間ずっと生水で飲んでましたが全然問題なしでした。これもタンク全部飲み干してしまい以降は判りません。試したのは今年の8月なんで季節的には一番暑い時期だったと思います。

なので個人的には今のところ『生水1週間、メデタンカプセル投入で生水2週間以上』は自分のお腹なら大丈夫だと信用しています。

ただし、これを皆さんに推奨している訳ではありません。あくまでも私は大丈夫だったと言うだけの話です。採水環境や保存環境、個人の体調等、勘案する項目は一杯ありますから(^^;。なので他の方がお腹を壊したりしても一切責任は負えません。

結論として現在家でやっている方法は、10Lポリタンク×4個で採水、メデタンカプセルを各1個投入して常温保存、炊飯や料理に使う水はそのまま生水から使用、飲用水にはその常温保存のタンクから数日に一回ペースで煮沸した水をペットボトルに移して冷蔵庫で冷やして飲んでいます。これでだいたい2週間と数日くらいでタンク4本空になってしまいます。でもその間まったく問題は起きていません。

ちょっと思うのは「日本人ってほんの数十年前まで殆どの方がもれなく井戸水や川水や湧水をそのまま生水で飲んでたんですよね」、水道水なんて飲めない、ミネラルウォーターしか飲まない、なんて言い出したのはつい最近ですよね。人間って本来水に対する抵抗力はかなり高いそうです。

気にする気持ちも判りますが、気にし過ぎると足かせになってかえって窮屈になるんじゃないでしょうかね!?。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/29-a49ec95f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。