スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■垂水の瀧■

2012.09.18 (Tue)
垂水1

■垂水の瀧■

・名称 : 垂水の瀧
・タイプ: 湧水
・所在地: 大阪府吹田市垂水町
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・備考 : 吹田の三名水

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・採水待ち: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○●○○○》高

【名水ノート】

大阪のベットタウンとして発展した吹田市、今では住宅地が広がり緑地は少なくなってしまいましたが、古くは名水の町としても知られていました。それは大手飲料メーカーの『アサヒビール』が吹田に本社工場を置いた事からも伺えます。

『垂水の瀧』はそんな吹田市に残された貴重な自然林、『垂水神社』の鎮守でもある『垂水の森』から湧出します。吹田の地は箕面から千里へと続く丘陵地帯の南端で湧水や井戸水の豊富な場所、『垂水の瀧』は『泉殿霊泉』『佐井の清水』と並んで『吹田の三名水』と呼ばれました。

垂水2
・その名水は垂水神社に湧き出します

しかし宅地開発の中で『泉殿霊泉』は枯渇してしまい自然の形で湧き出すのは『垂水の瀧』だけになってしまったそうです。その『垂水の瀧』も昔は「その泉沸くが如し」と言われるほどの水量を誇ったそうですが今では水脈が細り境内二箇所より雫を垂らすだけになっています。

垂水3
・垂水の小滝

垂水4
・鬱蒼とした森に湧き出る垂水の瀧

私が訪れた時は真夏の暑い時間帯だったんですが、瀧のある境内左手の森に入ると鬱蒼としていて明らかに温度の低下を感じます。神聖な場所にはやっぱり何か霊気と言うかパワーみたいなものがあるのかもしれませんね。

で、お味の方なんですが、場所的に生水は気が引けて現地での飲用はやめときました。なので帰宅後の煮沸飲用ですが「意外にも雑味が少なく軟らかい飲み口」で、流石は『吹田の三名水』と言ったところでしょうか。

垂水5
・垂水神社の本殿

またこの森は現在マンション建設の計画が持ち上がっていて地域の方々が鎮守の森を守ろうと運動を起こしています。私的にも僅かに残された自然林の森をこれ以上切り崩すのは忍びなく思います。どうかこのまま森が保全される事を願うばかりです。

地図↓
http://goo.gl/maps/gsXyJ

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/24-742278d2
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。