スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■○○の湧水(仮称)■

2012.09.14 (Fri)
倉1

■○○の湧水(仮称)■

・名称 : ○○の湧水(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県
・採水 : 可能(採水場なし)
・飲用 : 不明
・備考 : 

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・採水待ち: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

本当の名水ってやつは実は意外な場所に湧いてるのかもしれません。

詳しい場所は言えませんが写真を見てピンと来た方もいるかと思います。この水流を初めて目にしたのはもう5年ほど前になるでしょうか、その当時は道路の拡張工事か何かが行われていたようで切り崩した斜面から大量の水が放流されていました。

倉2
・工事当時の写真、地面より大量の湧水が

一目見てその圧倒的水量に驚いたのですが、もっと驚いたのがその水流が地面の裂け目から噴出していた事です。周囲は尾根の張り出し部分になっているので谷の形状はありません。ましてや本流に匹敵するくらいの水流です。この水量を持つとなればかなり深い谷じゃないと合点が行きません。

しかし谷はどこにも無いのです。これだけ大量の水が道端に噴出してる訳ですから流石に工事の妨げになったのでしょう。土嚢を積んで何本もの巨大なホースを裂け目に差し込み本流へと流していました。

倉3
・水の透明度が凄い

そして現在、工事は完成して護岸はコンクリートと砕石ネットによって固められました。しかし水流は今も健在で昔と変わらず本流へと落ちています。以前あった地面の裂け目は完全に埋められているので一見するとこれが湧水だとは気付かないでしょう。しかし当時の噴出を知る方やこの辺りの地形や地質に詳しい方ならこれが普通の流れじゃないことに気付くはずです。

その時以来ずっと気になっていた事もあり今回はその水を飲用してみました。これが実に美味いんです。マジでお世辞抜きに名水だと感じました。色々なミネラルウォーターと飲み比べをしてみましたが『下多古の水』に近い感じで癖もなく適度にミネラル感もあって非常にバランス良い飲み口に感じました。

倉4
・口あたりも素晴らしかったです

そんな訳で実は今一番お気に入りの湧水なんです。お勧め度的には『4』としましたが湧水100%である確証(工事の時に湧水と確認していますが埋められた時に生活排水の流れや本流の流れを混ぜられてないか?)と水質検査で安全性が得られれば文句無く『5』それも関西を代表する名水と言っても過言ないでしょう。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/17-8f468f14
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。