スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■名水 京の水■

2012.09.08 (Sat)
京1

■名水 京の水■

・名称 : 名水 京の水
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県東近江市紅葉尾町
・採水 : 可能(採水場あり)
・飲用 : 可能
・備考 : 硬度18mg/L 休日は混雑必至

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・採水待ち: 長《●○○○○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

愛知川の上流、紅葉尾付近に湧き出すこの水は、古くより伊勢や京都を目指す旅人の喉を潤し、いつからともなく『京の水』と呼ばれるようになったと言われています。

鈴鹿山系の中央に位置するこの界隈は地質的にも複雑で、南部の大勢を占める花崗岩、北部に広がる石灰岩、それを繋ぐ粘板岩や礫岩など色々な地層が複雑に交錯しています。それ故に水の味にはどんな変化があるのだろう?と興味津々な場所でした。

京3
・京の水の案内板

京2
・水質検査も良好、硬度18mg/Lってこの界隈じゃ珍しいかも

今回、この『京の水』を採水するにあたって色々と調べていたのですが、国道沿いで目立つ場所にあるためか人気が高く採水待ちが酷いって記事をよく目にします。

なので早朝の採水を狙ったんですが、7時過ぎに着けば既に車数台待ち、一車線の側道を塞ぐように車が並んでいて湧水に近づく事が出来ません。私は初めてだったこともあり、どんな感じで湧いているのかを確認したいと思って、車から降りて徒歩で湧水に近づいたら突然「みんな待ってるんや!!」ってオバサンに怒鳴られた(^^;。とりあえず様子見に来ただけやのに・・・。

で車に戻って並んでいたが一向に動く気配無いので観察していると、なんとそのオバサン、軽トラックにポリタンク100個くらい積んで来ていた。雰囲気的に商用採水なんだろうけどちょっと凄すぎません?(^^;。

そんな訳で10リットルほど採水するのに40分待たされてしまった。うーん、これってココでは普通なんでしょうか・・・。でもたぶんタイミングが悪かったってだけの事なんでしょうね。

で、肝心の飲み口ですが、「癖のないやや淡白な味」ですかね、私は石灰湧水系のキリッとした水が好みなんで少し物足らない気もしましたが、「水が主張しない感じ」なんで料理や仕込みの水には最適だと思います。

京4
・水量はまずまずあってポリタンでもすぐ満タンになります

京5
・昨年開通して石槫トンネル

この界隈で硬度18mg/Lの超軟水は貴重な存在だと思いますが、私的には「あの待ち時間を想像したら他の湧水でもいいかなって」って思っちゃいました。

地図↓
http://goo.gl/maps/2YVnW

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/11-2b9ec79a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。