スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■不老長寿の名水(質志鍾乳洞湧水)■

2013.05.07 (Tue)
質志1

■不老長寿の名水(質志鍾乳洞湧水)■

・名称 : 不老長寿の名水(質志鍾乳洞湧水)
・タイプ: 湧水
・所在地: 京都府船井郡京丹波町質志
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 質志鍾乳洞公園の駐車場利用
・備考 : 公園の施設利用料が必要(大人510円、小人300円) 硬度約100mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

北摂から丹波地方に分布する丹波群層の中には石灰岩が点在する事は以前にも書きましたが、その特徴が最も顕著に現れている場所が京都府の中央に位置する質志付近であり、石灰層の厚さは200mにも及ぶと言われています。

質志3
・京都府にも顕著な石灰地層があるんです

今回紹介する『不老長寿の名水(質志鍾乳洞湧水)』はそんな京都府随一の石灰地層より湧き出す名水です。周囲は『質志鍾乳洞公園』として整備されていて大人一人当たり510円の施設利用料が必要です。施設内に入場するだけで漏れなく510円ですから少し高いと言えなくもないですが『質志鍾乳洞』への入洞料も含まれているのでまあ仕方のないところでしょう。

質志4
・510円の公園利用料が必要ですが鍾乳洞見学も出来るしまあ仕方ない・・・

その『質志鍾乳洞』は昭和2年に発見された京都府で唯一の(観光洞としては)鍾乳洞、総延長52.5m、最深部までは-25.1m、鍾乳石はあまり見られませんが竪穴タイプの珍しい鍾乳洞です。想像してたよりも立派な鍾乳洞なんですが垂直梯子での上り下りがあって年配の方や赤ちゃんを背負っての入洞は厳しいかもしれません。

質志5
・鍾乳洞内部は垂直の梯子があったりで結構面白い

で、肝心の水は国道から鍾乳洞へ向う通路の石垣下から湧き出ています。湧水量はそこそこあるんですが、お水汲み用の整備はされておらずポリタンク等に入れる場合は柄杓やコップ等ですくわなくてはなりません。

質志2
・スッキリとして爽やかさを感じる水ですね

お味の方は石灰系湧水の王道とでも言いましょうか、実にスッキリしてミネラル感もあります。ただ所有データによると硬度が100mg/Lを超えているとの事ですが、そこまでの硬度があるかはちょっと疑問かな?、硬水に特有な煮沸時の結晶膜がそれほど多くないんですよ。でも冷やしてガブ飲みするには最高の水には違いないですけどね!。

少し気になったのは湧水口にお金が投げ込まれている事、ほんと日本人って・・・(^^;、いくら布袋様が鎮座しているとはいえ飲料水利用を想定している湧水にお金を入れたら衛生上良くないでしょうに・・・。

湧水としてはオススメ度『5』にしたいとこなんですが、水の汲み易さや衛生面、湧水よりも上流にキャンプ場の炊事設備がある等、少し気になった部分もあるので『4』とさせていただきました。

地図↓
http://goo.gl/maps/yTj8p

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://takimiroku.blog59.fc2.com/tb.php/109-73c833e7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。