スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■小碓の泉(間田湧水群)■

2014.01.28 (Tue)
小碓1

■小碓の泉(間田湧水群)■

・名称 : 小碓の泉(間田湧水群)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市間田
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし
・備考 : 硬度約140mg/L

・口当たり: 硬《○○●○○》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

伊吹山の西の裾野は姉川の扇状地が発達しており湧水が豊富な場所、日本武尊の伝説が残る『小碓の泉』もそんな湧水の一つです。

場所は『春照の泉』から少し北西に行った辺り、道路沿いに小さな案内板があるけどうっかりしてると見落としてしまいそう。

小碓2
・小さな案内板が目に入ります

そこから小道を数分歩けば湿原状になった湧水地が目に入るでしょう。湧水銀座とも呼べるこの界隈でもひと際水量が多く湿原から川となって流れ出していました。

採水用の整備はされていませんがそれで良いのです。この自然と一体化した風景が本来あるべき姿なんだと思うのです。

小碓3
・自然と一体化した湧水に好感が持てます

また石灰質であるこの地域の湧水は硬度が高くなる傾向で100mg/Lを越える硬水もまれではありません。日本でも有数の硬水地帯、湧水好きなら必見の水場ではないでしょうか。

地図↓
http://goo.gl/maps/hFncg


スポンサーサイト

■春照の泉(臼谷の湧水)■

2014.01.16 (Thu)
春照1

■春照の泉(臼谷の湧水)■

・名称 : 春照の泉(臼谷の湧水)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市間田
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし
・備考 : 硬度約100mg/L

・口当たり: 硬《○○●○○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○○●》高

【名水ノート】

春照と書いて(すいじょう)と読みます。この水は姉川の伏流水が扇状地の末端より顔を出した湧水で伊吹山が水源だと言われています。伊吹山は全山が石灰層で覆われており、従ってその伏流水はカルシウム分を多く含み硬度が高くなる傾向にあります。

『春照の泉(臼谷の湧水)』も多分に漏れず比較的高い硬度を検出しました。煮沸をするとヤカンに白い膜がこびり付く事からもその硬度が伺えます。

場所はちょっと判りにくいんですが、春照集落と間田集落の間くらい、小さい交差点の脇より湧き出してそのまま田畑へと流れ込んでいます。以前はもっと水量が多かったそうで付近の方が「まるで川のようだった」と言っておられました。

春照3
・まるで日本庭園のような雰囲気

現在ではだいぶ水量が減ったそうですが、それでも他の一般的な湧水と比べれば多い方でしょう。そして何よりこの湧水の最大の見所はそのロケーションの素晴らしさではないでしょうか!?。広がる田園風景と清流、そして伊吹山の遠望、どこか懐かしくなるような日本の原風景がそこにあります。

春照4
・のどかな日本の風景って感じで好感が持てます

さっそくすくって飲んでみると「キレのある爽やか系」って感じですかね、水汲み場としての整備はしていないので汲み易いとは言えませんが、ここはそれで良いのです。美しい水を見ながらのんびりと癒される。この情景はいつまでも大切にしていかないといけませんね。

地図↓
http://goo.gl/maps/SQdzX


■長命観音の彗泉■

2014.01.14 (Tue)
地蔵1

■長命観音の彗泉■

・名称 : 長命観音の彗泉
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市小泉
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし
・備考 : 

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○●○○○》高

【名水ノート】

姉川沿いの県道40号沿い、小泉集落の少し手前に地蔵様と滴り落ちる湧水が目に入ると思いますが、それが『長命観音の彗泉』です。

水は岩間から苔を伝って雨粒のように落ちているので直接採水するのはちょっとコツがいりそうです。周辺は石灰岩が多くこの湧水も石灰岩からの染み出しですから、それなりの硬度はあると思うんですが飲用可否はちょっと判りません。

地蔵2
・県道のすぐ脇にあるので車に注意が必要です

そんな感じですからボトルへの採水は諦めて少し口に含んでみると、うーん若干雑味を感じますね。でもそれがミネラルによるものか採水環境によるものかは判断できませんでした。

地蔵3
・彗星の如く尾をひくように滴り落ちます

また県道沿いで交通量もままあるんで行かれる場合は車にも気をつけてくださいね。

地図↓
http://goo.gl/maps/G61sd


■小泉集落の湧水群(仮称)■

2014.01.04 (Sat)
小泉1

■小泉集落の湧水群(仮称)■

・名称 : 小泉集落の湧水群(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県米原市小泉
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし
・備考 : 

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○○●》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

伊吹山の西面は姉川へと一気に落ち込んで深い渓谷を作っています。その懸崖に寄り添うように小泉の集落がありました。

この辺りは地形が急峻な上に石灰層に覆われており、大きな谷も無いことから降雨の大部分が伏流水となって谷底付近で一気に湧き出します。『小泉集落の湧水群』は集落のいたるところから大規模湧水となって溢れ出していました。山際の石垣や何気ない民家の側溝からも噴出しているので全体的な水量は相当なもんでしょう。

小泉3
・集落のいたるとことに湧水が見られます

そして溢れ出した湧水は小川となって姉川へと注ぎます。その途中には『山葵の栽培』も行われていたのですが、滋賀県で現存する山葵畑が見れるとは思っていもいなかったので正直驚きでした。

※集落周辺の山葵は地域の方によって植えられたものですので許可なく採取する事はできません

小泉2
・全体的には凄い湧水量です

とにかく集落の山すそに行けばあちこちから水が湧き出している訳ですから湧水好きには天国のような場所ですね。お味の方は典型的な石灰系湧水でサッパリとした飲み口が印象的です。

小泉4
・パイプを打って水汲みがしやすいようになっている箇所もありました

最近では水汲み人も訪れるようで石垣にパイプが打たれている箇所もあり採水しやすいようになっています。この素晴らしい環境はいつまでも後世に残しておきたいものですね。

地図↓
http://goo.gl/maps/BTbTi


■堂来清水■

2014.01.03 (Fri)
堂来1

■堂来清水■

・名称 : 堂来清水
・タイプ: 湧水
・所在地: 滋賀県長浜市高山町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 湧水側に駐車スペースあり
・備考 : 平成の水百選 硬度約50mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

姉川の支流、草野川の上流に湧き出す『堂来清水』は その保全環境と水質の良さから2009年に平成の水百選に選出されました。

場所は県道264号を北上した白竜神社の裏手にあって石灰岩の割れ目より勢い良く流れ出しています。また白竜神社の境内にも導水してあり、コップや柄杓が置いてありました。

堂来3
・水場も綺麗で心地よい場所です

地元では古くから知られている名水ですが、平成の水百選に選ばれてからは遠方からの水汲み人も来るようになりました。かく言う私もそんな一人なんですがね。水質や水量も年間を通じて変化が少ないそうで、この地域の水脈の豊かさを物語っています。

堂来2
・立派な案内板

飲み口はさっぱり系ですが硬さは少なく万人受けするタイプでしょう。ご飯の炊き水とかに使うと美味しく炊き上がります。

地図↓
http://goo.gl/maps/FE5XV


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。