スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■千手寺の霊水■

2013.04.24 (Wed)
千手1

■千手寺の霊水■

・名称 : 千手寺の霊水
・タイプ: 湧水
・所在地: 京都府亀岡市稗田野町鹿谷
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : 千手寺の無料駐車場が利用可能
・備考 : 千手寺境内 硬度0mg/L

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○●○○○》高

【名水ノート】

京都府亀岡市の西側にある行者山、その山腹にある千手寺にも湧水がある。『千手寺の霊水』と呼ばれホウ酸成分を多く含む事から眼病に効果が高いと言われている。この千手寺も湧水マスターたる弘法大師の開山と伝えられており大師作の十一面千手観音が安置されてるそうだ。

千手2
・千手寺境内より湧き出す

場所はちょっと判り難いが、国道372号線から稗田野鹿谷の集落を目指し、クボタ貿易の横を抜けて山中へと進む。一応舗装路だがかなり急登で、登り切った辺りに山門への階段と駐車場が見えた。

ただ今回は麓にあった猪鹿避けの赤い鉄製ゲートを進入禁止のゲートと勘違いしてしまいそこから歩く羽目になる。しかしそのお陰でこの地域が予想外に面白い場所だと言うのが判ったのだ。

行き道は何も考えず20分ほど歩いて境内に到着、湧水は階段手前の手水舎、本堂横、それに西外れの観音像下にあるが、おそらく観音像下が本来の湧水点だろう。この水は硬度が0mg/Lと言われており、ナルホド、確かに口当たりが非常にマイルドだ。まあ私には物足らない部分でもあるのだが・・・。

千手3
・淡白な味わい、でも少し物足らない?

面白いのは千手寺付近の岩質は割りと結晶の荒い花崗岩で硬度の低い水になり易いのも頷けます。しかし下るに従って岩質に変化が見られた。次第に凝灰岩が多くなりチャート質や石英質の岩も混じって来たのだ。しかも石英質の中には金属鉱物らしきものが散見している。これはもしや?、頭に浮かんだ仮説はすぐに現実となった。周囲を注視してみると、やはりあった、坑口だ。どうやらこの山には鉱山があったようだ。

千手4
・古い坑口だと思われる

で、後に調べてみると鹿谷集落に『大谷鉱山』と呼ばれるタングステン鉱床としては国内最大規模の鉱山があって大正から昭和初期にかけて大いに賑わったそうである。その後衰退はしたものの細々と採掘が続いたそうだ。しかしカドミウム鉱毒等の影響もあって昭和58年ついに廃坑となった。

そう言えば、車を止めた付近にコンクリートの水路みたいなもんがあったけど、それが入り口やってんね。そこからも湧水が流れ出してたような感じやったけど、調べて判ったのはこの水は重金属を含んでいて飲めないらしい、あー採取せんで良かった!!。

でも全く予備知識無しに行った場所でこんな発見があるなんてちょっと面白かったなぁ。人と水と山の関わりを感じた探訪だった。

地図↓
http://goo.gl/maps/nIhBd


スポンサーサイト

■貴船神社奥宮裏の湧水(仮称)■

2013.04.20 (Sat)
裏1

■貴船神社奥宮裏の湧水(仮称)■

・名称 : 貴船神社奥宮裏の湧水(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 京都府京都市左京区鞍馬貴船町
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : 貴船神社奥宮の有料駐車場が利用可能
・備考 : 貴船神社奥宮境内

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○●○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

前回、前々回と貴船の名水を紹介したんですがもういっちょ!、実は奥宮の裏手にも湧水があるんです。奥宮から車道を更に奥へ進むと『貴船神社のかつら』の案内板がある巨木が目に入ります。

裏2
・貴船のカツラの根元にあるんですよ!

その根元付近に地面から蛇口が出ているんですよね。ん?地面から蛇口??、そう地面から蛇口だけがにょきっと出てるんです(^^;。近寄ってみると蛇口から黒いゴムホースが出ています。これを追って行くと少し上流の斜面、木の根から水が滴り落ちていて、どうやらこの水を導水しているようです。

裏3
・地面から蛇口が出ている珍百景

で蛇口をひねってみると水が勢い良く噴出しました!。そのままペットボトルに採水してみると若干砂が混じってるようですが貴船湧水の特徴であるキリッとした喉越しが口の中に広がりました。

これぞ天然水って感じですね!。地面から突き出た蛇口が織り成す「変な絵」と言い、この湧水、私は好きですよ(笑)。

地図↓
http://goo.gl/maps/KnHBT


■貴船神社奥宮の湧水(仮称)■

2013.04.16 (Tue)
奥宮1

■貴船神社奥宮の湧水(仮称)■

・名称 : 貴船神社奥宮の湧水(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 京都府京都市左京区鞍馬貴船町
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : 貴船神社奥宮の有料駐車場が利用可能
・備考 : 貴船神社奥宮境内 硬度約100mg/L

・口当たり: 硬《○○●○○》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

前回は貴船神社本社の湧水を紹介したんですが、実は奥宮にも同様に湧水が湧き出すんです。しかも『特殊メンタル派動』は本社の神水よりも高いと言われてます。

奥宮2
・貴船神社の奥宮手前にも湧水があります

場所は貴船神社の本社より500mくらい上流側の奥宮手前、石垣の隙間から水があふれ出して石桶へと注いでました。ここも本来は奥宮の手水なんですが飲んでみると非常にキレがあって爽やかな喉越しです。

詳しいデータは判らなかったんですが、この感じからしてそこそこの硬度はあるんじゃないでしょうかね!?、本社の神水よりも更にキリっと感が強いように感じました。

奥宮3
貴船の奥宮と言えば丑の刻参りの伝説が残る

奥宮4
・石灰の巨岩、つつみが石をはじめ石にまつわる伝承も多い

少し手前には『つつみが石』と呼ばれる石灰岩の巨岩があってこの付近が石灰層である事を示しています。基本手水なんで水汲み場としての設備はありませんが、貴船神社周辺は名水を生み出す条件が全てそろっていると言えますね!。

地図↓
http://goo.gl/maps/Wlo5v


■貴船の神水■

2013.04.12 (Fri)
貴船1

■貴船の神水■

・名称 : 貴船の神水
・タイプ: 湧水
・所在地: 京都府京都市左京区鞍馬貴船町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 数は少ないが貴船神社周辺に有料駐車場がある
・備考 : 貴船神社境内 硬度約100mg/L

・口当たり: 硬《○○●○○》軟
・湧水の量: 微《○●○○○》多
・待ち時間: 長《○○●○○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

鞍馬から貴船にかけては地形的に非常に面白い場所なんです。北摂の山々から京都市北部へと続く丹波群層の中には石灰岩が点在しています。最も顕著は場所は京都府船井郡の質志付近なんですが、この鞍馬貴船界隈にも石灰岩の点在が見られます。

名水と石灰岩の関係はいつも言ってる通りですが、石灰岩の主成分である炭酸カルシウムは水に溶けやすく、従って石灰層での地下水はカルシウム分が多くなる傾向にあります。美味しい水の条件はカルシウムの含有量が重要であり、含有量が多くなればコクのある飲み堪えのある味わいになり、少なければマイルドで淡白な味わいになります。

因みに日本の湧水は『硬度50mg/L』辺りが最も多く、飯高の命の水や大阪の大蛇井戸など『硬度100mg/L』を超えてくると(日本の湧水としては)硬水な部類に入ってきます。※ヨーロッパの湧水は1000mg/L超えとか普通にある

貴船2
・水の神様として有名な貴船神社に湧き出します

貴船神社に湧き出す『貴船の神水』はそんな石灰岩系湧水の特徴がよく出ている名水だと言えるでしょう。そしてこの水は『日本のルルドの泉』とも呼ばれています。ルルドの泉とはフランス南部にあるキリスト教ゆかりの聖泉で、飲めば万病が治るとの評判から『奇跡の水』として世界的に有名な霊場となっています。

貴船3
・本来は水占いをする場所なんです

ある雑誌の調査で癒しの効果に影響すると言われる『特殊なメンタル波動』を計測したところ、なんと貴船の神水はルルドの泉よりも高い数値が出たそうで、世界の名水が日本でも手軽にいただけると口コミが広がって休日ともなれば多くの方々が水汲みに訪れます。

貴船4
・石灰地層特有のキレのある飲み口が楽しめる

貴船神社は京都の水の守りとして水神(淤加美神)を祀り、古くから祈雨の神として信仰されてきました。晴れを願うときには白馬が、雨を願うときには黒馬が奉納されたこともあって、そのことから絵馬が発祥地と言われています。

また縁結びの神としての信仰もあり、カップルや女性で賑わう一方で縁切りの神、呪咀神としても信仰されており、奥宮の『丑の刻参り』はあまりにも有名です。

少し話が逸れてしまいましたが、そんな歴史的にも、水質的にも、ここまで名水に相応しい水はあまりないでしょう。評価は文句なしの『5』と言いたいところですが、惜しむらくは社務所の前の目立つ場所で採水に少し気を遣うところ、もちろん神社の御神水でもともと水占いの場所ですから当然ちゃあ当然なんですけどね。

でも間違いなく京都を代表する名水、水好きならこれを飲まずにはいられないでしょう!。

地図↓
http://goo.gl/maps/I2wkQ


■醒ヶ井■

2013.04.09 (Tue)
醒1

■醒ヶ井■

・名称 : 醒ヶ井
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 亀屋良長敷地内 硬度約60mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○●○○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

『醒ヶ井』とは京都三名水の一つ数えられる『醒ヶ井(左女牛井)』なんですが、オリジナルの井戸は既に枯れてしまってます。ところが最近になって和菓子の老舗である『亀屋良長』さんがお菓子作りの水にと井戸を掘削したところ見事水脈を当てたのです。

醒2
・歴史的にも由緒ある水です

醒3
・水量は少ないですがキリッとした飲み口が楽しめます

そしてこの井戸が醒ヶ井通りに面していた事や三名水の左女牛井のあった場所に近かった事から『醒ヶ井』と名付けられました。お水はお店の一角よりサラサラと流れていて誰でも自由に汲む事が可能です。水量が少ないので大量採水は厳しいですがスッキリ系で淡麗な飲み口を味わえます。

地図↓
http://goo.gl/maps/SE9qR


■牛頭水■

2013.04.05 (Fri)
牛頭1

■牛頭水■

・名称 : 牛頭水
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都市伏見区横大路天王後
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : 田中神社の駐車場が利用可能(無料)
・備考 : 田中神社境内

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○●○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

田中神社に湧く『牛頭水(ごずすい)』の名を知る人は少ないかもしれませんが、れっきとした伏見名水の一つなんです。場所は、伏見の中心地からはちょっと離れていて外環横大路交差点のすぐ側、中書島から歩くとと20分くらいはかかるかな!?。

牛頭2
・勝運にご利益があるとして競馬ファンに人気のある田中神社

しかし飲み口は伏見名水の特徴がよく出ていてで淡麗でさらっとした口当たりが印象的でした。

牛頭3
・伏見名水の特徴が良く出ていてサラッとした口あたりです

それに田中神社は勝運にご利益があるそうで、京都競馬場が近い事もあってか競馬関係者の信仰を集めているそうです。あっ、更に近所には『あわしま堂、和菓子の直売所』ってのがあって和菓子が驚くべき大特価で買えるんです。

水汲み人は殆ど見かけない伏見名水の穴場と和菓子の大安売り、騙されたと思っていっぺん行ってみてはどうでしょうか。

地図↓
http://goo.gl/maps/K3VNC


■勝水■

2013.04.04 (Thu)
勝水1

■勝水■

・名称 : 勝水
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府伏見区
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : 乃木神社の無料駐車場が利用可能
・備考 : 乃木神社境内 

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○●○○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○●○○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

伏見御陵の近く、乃木神社に湧き出す『勝水』は場所的には伏見名水の一つに数えられていますが、水脈や水場の雰囲気は伏見のそれとは異なるようです。

勝水2
・明るく開放的な乃木神社の境内

『勝水』とは乃木神社が日露戦争の頃に活躍した乃木大将を祀った神社である事から戦勝祈願の水として名付けられました。水場の横には『全てに勝まくり』と書かれている通り、合格祈願や勝負事にご利益があるとして人気を集めています。

勝水3
・この日もちょっと濁度がある感じでした

ただし水質は安定しないようで時折砂が混じるとの事、私が訪れた日も若干濁度があるようでペットボトルに採水してみるとやや黄色っぽい水でした。お味の方も少し泥臭さがあって伏見名水の特徴でもある淡麗さはあまり感じません。細菌類は今のところ検出されてないそうですが状態の悪い時は採水しないでくださいとの張り紙がありました。

勝水4
・境内にある『さざれ石』はそうあの「さざれ石の巌となりて」です

そんな訳でオススメ度的にはあまり高評価を付けれませんでしたが、水質の安定している時にまた試してみたいですね。

地図↓
http://goo.gl/maps/z22XY


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。