スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■錦の水(錦天満宮の御神水)■

2013.02.24 (Sun)
錦1

■錦の水(錦天満宮の御神水)■

・名称 : 錦の水(錦天満宮の御神水)
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府京都市中京区東側町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 錦天満宮境内 硬度約50mg/L

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○●○○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

京都一の繁華街とも言える新京極にも名水が湧き出します。錦天満宮内にある『錦の水(錦天満宮の御神水)』です。錦天満宮は天満宮ってくらいですから道真公を祀って創建されました。元は六条河原にあったそうですが太閤さんの時代に都市計画で今の場所に移されたそうです。

錦2
・京都一の繁華街にある名水、錦の水

お水の方は地下30mからの湧水だそうですが、「えっ、こんな街中の手水舎にこんなにも豊かで清らかな水が!」、二箇所の龍の口からコンコンと湧き出す水は清涼感いっぱいでちょっと感動してしまいました。飲み口も実にスッキリしていて美味しいです。お水汲みに訪れる人がひっきりなしなのもこれなら頷けます。

錦3
・水場は2箇所あって左側の手水には水汲み用の蛇口もある

錦4
・夜は提灯が灯り幻想的な雰囲気です

通常の手水舎と他に水汲み専用の蛇口もあって採水環境も申し分なし、たくさんの提灯に彩られた境内の雰囲気も素晴らしく私的にはかなりオススメの水場だと感じました。

地図↓
http://goo.gl/maps/SwkR0


スポンサーサイト

■桃の井■

2013.02.21 (Thu)
桃の井1

■桃の井■

・名称 : 桃の井
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府京都市中京区亀屋町
・採水 : 会員制(年間10000円)
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 硬度41mg/L 堀野記念館内(入館300円)

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

『桃の井』は堺町通二条上ル亀屋町172、堀野記念館内に湧き出します。堀野記念館ではキンシ正宗酒造さんの酒蔵と町家を見学することが出来ます。水量も豊富で現在でも地ビールの仕込み水として利用しているとの事でした。

桃の井2
・桃の井の名水は堀野記念館内に湧き出します

記念館の見学(入館300円)をすれば杯に『桃の井』を汲んで試飲させてもらえます。また桃乃井会の会員登録(年間1万円)をすればいつでも自由にお水を汲む事が出来るので料亭や飲食店など多くの方々が利用しているそうです。

桃の井3
・まろやかで非常にのみやすい、多くの方が会員登録しているのにも頷けます

水質は軟水でお酒の仕込み水と言うだけあって実にまろやかで口当たりの良い水でした。もちろん水質検査にも全て合格していて安全面でも折り紙つき、これなら会員登録してでも水汲みする人が後を絶たないのも納得ですね。

地図↓
http://goo.gl/maps/HcBW8


■鉄輪の井戸(鉄輪井)■

2013.02.17 (Sun)
鉄輪1

■鉄輪の井戸(鉄輪井)■

・名称 : 鉄輪の井戸(鉄輪井)
・タイプ: 枯渇
・所在地: 京都市下京区鍛冶屋町
・採水 : 不可
・飲用 : 不可
・駐車 : Pなし
・備考 : 命婦稲荷社内 史跡のみ

・口当たり: 硬《○○○○○》軟
・湧水の量: 微《○○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○○》短
・お勧め度: 微《○○○○○》高

【名水ノート】

京都と言えば華やかで優雅で煌びやかな印象ですがそれは表の顔と言ってよいでしょう。光が強ければ闇もまた強くなります。人々の思いが強ければそれだけ怨みや嫉みも多くなるのです。裏を返せば京都は呪われた魔界都市とも言えるでしょう。

鉄輪2
・かなり判り難いですが路地の奥に鉄輪の井戸があります

今回はそんな京都の闇にまつわる水場を紹介しましょう。『鉄輪の井戸(鉄輪井)』、この井戸にはこんな言い伝えがあります。「平安の頃、浮気をした夫を恨んだ女が頭に鉄輪を被り毎夜貴船神社で丑の刻参りをした挙句に鬼と化してしまう。異変を感じた夫は安部晴明に祈祷を依頼、呪詛返しを受けた女は鉄輪井のほとりで絶命した。」

その後、女の怨霊を鎮めるために井戸の傍に鉄輪を埋めて祀りました。それ以来「この井戸水を汲んで相手に飲ませると、悪縁が切れる」との俗信が広まり、遠くからでも井戸水を汲みに来る者があったと言います。

井戸は既に枯れてしまっているのですが「持参した水を井戸の上に供えて相手に飲ませても効果がある」「悪縁が切れれば新しい良縁が紡がれる」との事から現在でも訪れる人が後を絶ちません。とは言うものの、この縁切りは呪詛的な要素が強いと思うんで私は躊躇してしまいますが・・・。

鉄輪3
・何ともいえぬ独特の雰囲気が漂ってます

場所は民家の密集する路地にあって非常に判りにくいです。そんな場所ですから騒いだりするのは厳禁です。地域の方に迷惑をかけないよう節度ある行動をしなければいけません。

実際行ってみるとなんとも凄いパワーと言うか全体を包み込む異様な空気感に圧倒されました。実はこの時、直前に『天之真名井』のお水を汲んで持っていたんですが、もちろん縁切りに使うつもりじゃないので供えもしてないし願かけもしてないんですが、持参していた事にちょっと怖くなってその水を飲めませんでした。だって自分で自分に縁切りするのは嫌ですから(^^。そう思わせるほどに独特の雰囲気を持つ場所でした。

もしこの井戸を再ボーリング等で復活させたらどうなるのでしょう?。京の名水となるのでしょうか、それとも魔界への禁断の扉を開ける事になるのでしょうか・・・。

地図↓
http://goo.gl/maps/Q9CO6


■天之真名井■

2013.02.13 (Wed)
天之真名井1

■天之真名井■

・名称 : 天之真名井
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都市下京区本塩竈町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 市比賣神社境内 硬度約40mg/L

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○●○○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

下京区の市比賣神社境内に湧き出す『天之真名井』、古くは皇室で皇子皇女の誕生した折には産湯に用いた名水と伝えられています。またご神水を飲んで手を合わせると願い事が一つ叶うと言われており一願成就の井戸としても信仰されて来ました。

天之真名井2
・上がマンションと言う風変わりな外観の市比賣神社

市比賣神社はマンションの下が社務所と言う何とも風変わりな外観なんですが、女人守護のご利益が高いそうで週末ともなれば多くの参拝者で賑わいます。お水は本堂横にある井戸からコンコンと湧き出していました。またお堂を挟んで井戸の反対側には水汲み用の蛇口もあって採水し易いようになっています。井戸の上に並べてある赤い人形は『姫みくじ(一体600円)』と呼ばれ、元は運占いの一種だったそうですが、いつの頃からか願い事を書いて井戸に供える人が増えたそうです。

天之真名井3
・甘みのある飲み口で美味しいお水ですよ

天之真名井4
・井戸の上に並ぶ『姫みくじ(一体600円)』

で、飲み口ですが、現地で飲んでみただけの感想なんですが少し甘みがあって軟らかいですね。これなら割り水や仕込み水、どんな料理にも合いそうです。因みに実はペットボトルで持ち帰ってからじっくり味見しようと思ってたんですが、ある事情で飲めなくなってしまいました。

ある事情とは・・・、それはまた後日談にするとして、清水や湧水の最高敬称と言われる『真名井』の名を冠した『天之真名井』は、歴史的にも環境的にも飲み口も真名井の名に恥じない名水なんじゃないでしょうか!、オススメです。

地図↓
http://goo.gl/maps/UE6Br


■柳の水(柳の井)■

2013.02.11 (Mon)
柳水1


■柳の水(柳の井)■

・名称 : 柳の水(柳の井)
・タイプ: 伏流水
・所在地: 京都府京都市中京区柳水町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし
・備考 : 硬度約50mg/L 馬場染工業敷地内 維持協力金(1Lにつき20円)必要

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○●○○○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○●○○》高

【名水ノート】

1200年以上の歴史を持つ古都、京都。人々の営みに水は欠かせないもの、京の都が今日まで栄えてきたのは良質の地下水に恵まれていたからに他なりません。

周囲を山に囲まれた京都は河川の集中する場所であり、その堆積物によって今の京都盆地が形成されました。地下においても同様で水脈が集中しやすく全体での地下帯水量は琵琶湖の水量に匹敵すると言われています。

そのため各所で井戸が掘られ人々の生活を支えて来ました。最近では地下鉄工事の影響等で水量が激減したり枯れてしまったりする井戸もあるそうですが、再度掘削をしたりして現在でも地域の生活水として大切に保存されています。

『柳の水(柳の井)』は京都でも古くからある名水の一つで、平安時代末期には既にこの付近にあったと言われています。(元来の湧水地は今より50mほど東だったそうですが)

柳水2
・ちょっと分かり難いかもしれませんが馬場染工業さんの軒先に湧き出します

名前の由来は井戸が直射日光に晒されるのを避けるために傍に柳が植えられていたから、現在では『馬場染工業』内に引かれていて、この地下水を利用して今も染物を行っているそうです。また有料になりますが敷地内にて名水で入れたお抹茶やコーヒーもいただけます。

柳水3
・お水をいただくには1Lにつき20円必要ですがミネラル感のある美味しい水でした

柳水4
・歴史的に見ても名水の中の名水って感じですね!

歴史的には織田信長の次男、信雄の屋敷や紀伊徳川家の京屋敷があったと言われ、あの『千利休』がこの水を愛して茶の湯に利用していました。お水をいただくには1L当たり20円の維持協力金が必要ですが、あっさりした中にも僅かにミネラルを感じる美味しい水、歴史のロマンに思いを馳せながら名水を味わってみてはいかがでしょう。

地図↓
http://goo.gl/maps/QaEBR


■恵利原の水穴(天の岩戸)■

2013.02.07 (Thu)
恵利原1

■恵利原の水穴(天の岩戸)■

・名称 : 恵利原の水穴(天の岩戸)
・タイプ: 湧水
・所在地: 三重県伊勢市宇治今在家町
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : 天の岩戸の無料駐車場が利用可能
・備考 : 名水百選 硬度約80mg/L

・口当たり: 硬《○○○●○》軟
・湧水の量: 微《○○○●○》多
・待ち時間: 長《○○○●○》短
・お勧め度: 微《○○○○●》高

【名水ノート】

伊勢界隈の名水と聞いて真っ先に思い当たるのが『恵利原の水穴』じゃないでしょうか?。それもそのはずで環境庁の『名水百選』に選ばれ県内は元より遠地からも多くの人々が訪れます。

伊勢神宮から鳥羽へと向う伊勢道路の神路ダム湖畔を走ってると『天の岩戸』の案内があるんですが、まさにその『天の岩戸』から湧き出すのが『恵利原の水』なんです。駐車場から岩戸まで10分くらい歩くので大量採水には労力が必要ですが御神水にあやかろうと多くの方が頑張ってタンクを運んでました。

その苦労故か超大容量の採水者は皆無で、それが幸いしてか県下随一の名水でありながら採水の回転が速く実に気持ちの良い水場なんですよ。

恵利原2
・豊富な湧水が滝となり小川となって流れ出します

恵利原3
・県内一の名水だけあって多くの人が訪れます

この界隈は奥伊勢カルストでも石灰地層が顕著に現れている場所の一つ、『恵利原の水穴』も石灰岩洞窟からの湧水です。ですから硬度は高め、はっきりとミネラルを感じて後味もスッキリしています。実に私好みですね。

もちろん水量も豊富ですよ、2Lペットボトルくらいなら瞬殺で満タンになります。付近には風穴と呼ばれる鍾乳洞もあり観光客が多いんですが、天の岩戸伝説の地って事もあってどこか神聖な雰囲気が充満しています。

恵利原4
・水量も豊富で飲み口もスッキリ爽やか

水質、水量、雰囲気、歴史や地域との関わり、『恵利原の水穴』はどれをとっても名水と呼ぶに相応しい最高の水でした。

地図↓
http://goo.gl/maps/uIuRm

■藤越の道端水(仮称)■

2013.02.04 (Mon)
藤越1

■藤越の道端水(仮称)■

・名称 : 藤越の道端水(仮称)
・タイプ: 湧水
・所在地: 三重県度会郡度会町注連指
・採水 : 可能
・飲用 : 不明
・駐車 : Pなし(付近の路側帯に駐車)
・備考 : 

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《●○○○○》多
・待ち時間: 長《○○○○●》短
・お勧め度: 微《●○○○○》高

【名水ノート】

県道151号の藤越付近にも湧水があります。殆ど知られていない水ですが藤越の峠付近、北斜面のザレ場より細流が出ていました。

この周辺は石灰岩が多く藤越に至る道中にも多くの石灰露頭やカレンフェルトを見ることが出来ますが峠付近では赤茶けた土斜面で石灰は少ないようです。

藤越2
・比較的水量があるとの情報でしたが渇水期のためか殆ど染み出す程度

本来は一目で湧水と判るくらいの水量があるみたいですが、今回は冬場の渇水期に訪れた事もあってチョロチョロの染み出し程度にしか見えません。

藤越3
・付近の山には石灰が多くカレンフェルト等も散見できる

そんな訳で採水は難しく、現地でちょっと口に含んでみただけですが特徴のない普通の水でした。と言うかあまりにも水量が少なく評価の対象にはならない感じです(^^;。

次回はもっと水量の安定した時期に行かないといけませんね。

地図↓
http://goo.gl/maps/56gzt


■木屋の水■

2013.02.01 (Fri)
木屋1

■木屋の水■

・名称 : 木屋の水
・タイプ: 湧水
・所在地: 三重県度会郡大紀町永会
・採水 : 可能
・飲用 : 可能
・駐車 : Pなし(付近の路側帯に駐車)
・備考 : 硬度約20mg/L

・口当たり: 硬《○○○○●》軟
・湧水の量: 微《○○●○○》多
・待ち時間: 長《○○●○○》短
・お勧め度: 微《○○○●○》高

【名水ノート】

三重県の伊勢市から度会郡周辺にかけては『奥伊勢カルスト』と呼ばれる石灰岩層に覆われています。石灰岩はカルシウムが主成分であり水の浸食を受けやすく、従ってミネラル分を豊富に含んだ良質の水が湧き出します。

県道46号線の木屋集落付近に湧き出す『木屋の水』もそんな名水の一つではないでしょうか。そばに『神の口延命地蔵』が祀られていますから車窓でもすぐ気付くはずです。この水は『恵利原の水穴』『高麗広の金明水、銀明水』と並んで『奥伊勢の三名水』に数えられています。

木屋2
・県道46号沿い、ちょっと辺鄙な場所ですが結構目立つので行けばすぐ判ります

木屋3
・水量豊富でさっぱりとした美味しい水ですよ

この水の周囲には石灰岩の岩峰が見えるので、かなりの硬水を想像してたんですが実際飲んでみると予想外にさっぱりしてますね。たるいって感じは無いんですがどっちかと言うと淡麗系でガブガブ飲めそうな美味しい水でした。

木屋4
・周囲は石灰地層で奇岩や鍾乳洞など見所も多い

ちょっと辺鄙な場所なんで近畿圏からは行き難いですが水量も豊富だし、近くには『こうもり穴』や『八重谷湧水』『阿曽風穴』と言った見所もあるのでドライブがてら行ってみるのも一興ですよ。

地図↓
http://goo.gl/maps/2gPgi


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。